施設・設備紹介
各機器の詳細情報

新素材応用研究部門

結晶制御育成装置

 新素材研究や基本的な物性解明には、物質そのものの性質を知ることが重要であるが、実際には、不純物や格子欠陥、粒界などの影響をうけてその解析が困難な場合が多い。そのため、一方向凝固材や単結晶の物性研究が必要とされています。本装置は、チョコラルスキー法やブリッジマン法さらには、コールドクルーシブルを使用して、高融点金属、活性金属などの浮遊溶解により、溶解凝固、単結晶育成を行う装置です。

※主な用途:シリコン単結晶、半導体、一方向凝固剤、ステンレス鋼、単結晶などの育成